悩みを解消してくれる不妊治療にかかる費用「妊娠しやすいカラダ作り」

効果を高める為に

    頭をかかえる女子

    旧石器時代の人間の化石からは、ほとんど虫歯は発見されていませんが、新石器時代の人間の化石からは、磨耗した歯が発見されています。
    これは、加熱調理をして糖度の高くなった食事をとる機会が増えてきたことが原因とされています。
    また、16世紀頃になると、砂糖が世界の各地に流通するようになりました。
    それによって虫歯になる人は一気に増加しました。
    このように、時を経るごとに虫歯になるリスクは高くなり、それにつれて虫歯治療をおこなう歯科医が増えていきました。
    日本では、律令時代から医師による虫歯治療がおこなわれています。
    当時は医師は、歯だけでなく耳や鼻の治療もあわせておこなっていました。
    しかし室町時代頃から、虫歯治療は歯科の専門医がおこなうようになっていきました。

    虫歯は、古い時代には主に歯を抜くことで治療されていました。
    布などを長時間強く噛み続け、疲れて顎の感覚がなくなってきてから、糸や金具などをつかって引き抜くという方法です。
    しかそれが徐々に、虫歯菌におかされた部分のみを削る治療に変わっていきました。
    さらに、削った部分に金属などの詰め物をすることで、歯を再び使いやすくする治療もおこなわれるようになってきました。
    昨今の歯科医院では、もちろん歯を抜いたり削ったりという治療もおこなわれていますが、虫歯菌を除去するためのクリーニングもおこなわれるようになりました。
    これにより、歯磨き以上に効果のある虫歯予防が可能になりました。
    調理方法や調味料が多種多様になるにつれて、虫歯になるリスクはどんどん高くなってきていますが、治療方法や予防方法もそれにあわせて向上してきているのです。